研究室紹介<Introduction>

基本情報<Basic Information>
  • 本務部局 大分大学 入学企画支援センター                                                      
  • 学  歴 国際基督教大学 教養学部 卒業
  •      広島大学大学院教育学研究科 高等教育開発専攻 博士前期課程 修了
  •      広島大学大学院教育学研究科 教育人間科学専攻(高等教育学分野) 博士後期課程 修了
  •      博士(教育学)広島大学
  • 職  歴 九州大学 人間環境学研究院 助教(2014年4月~2016年9月)
  •      九州大学 第三段階教育研究センター 助教(兼任)(2014年10月~2016年9月)
  •      大分大学 入学企画支援センター 専任講師(2016年10月~現在)
  • 専  門 教育社会学,高等教育論
  • 所属学会 日本教育社会学会,日本高等教育学会,大学教育学会,九州教育社会学会,The Comparative and International Education Society(CIES)
  •  
  • Affiliation:Admission Research Planning Center, Oita University.
  • School Education:International Christian University(B.A.), Hiroshima University(M.E., Ph.D)
  • Work Experience:Assistant Professor, Kyushu University(2014-2016)
  •         Assistant Professor, Research Center for Tertiary Education and Qualifications, Kyushu University(2014-2016) Assistant Professor, Oita University(2016-)
  • Specialty: Sociology of Education, Higher Education
  • Affiliation societies:The Japan Society of Educational Sociology, Japanese Association of Higher Education Research, Japan Association for College and University Education, Kyushu Association of Educational Sociology, The Comparative and International Education Society(CIES)
三好登 研究室からのメッセージ<Message from Miyoshi Lab>
  • CEO
  • 〔研究キーワード〕大学の国際化,外国人留学生,入試選抜,学習成果,学習時間,アクティブラーニング
  • 〔研究課題1〕1976年の「高等教育の計画的整備について」以降,大学進学率を拡充しようと大学定員数の増加が行われた。このことにより大学進学率が上昇し,現在,大学進学率は50%を超えるまでに至った。大学進学率の高まりは同時に,その多様化も招き,それに受験教科が選択可能なセンター入試や,AO入試,推薦入試など様々な入試制度が導入されたことが拍車となり,大学入学後の学生の学習成果の質を保証することが緊急の課題となっている。その学習成果については,様々な定義付けが行われているが,本研究室の課題としてその学習成果の質を保証するための方法を様々な角度から調査研究を進めている。現在は特にこれまで行ってきた日本人学生の学習成果に関する研究を発展させ,国際比較の視点から,中国人留学生の学習成果についての研究に鋭意取り組んでいる。
  • 〔研究課題2〕大学進学率の増加は,大学入試の選抜機能の衰退を招いた。これまで主にセンター試験では,大学進学希望者の学力を評価するものであった。だが文部科学省によれば,2020年からの導入・運用を目指す「大学入学希望者学力評価テスト」では,これからの大学教育を受けるために必要な能力,いわば適性を評価するものへと変わることが予定されている。このような大学入試制度の適性評価の時代においては,ますます入試の選抜機能の低下に拍車がかかるだけではなく,大学において確かな知識・技能を身に付けることがより求められることとなる。この学習成果の質を保証するための方法の一つとして,単位制度の的確な運用が求められていることから,学習成果と学習時間の関係性のみにとどまらず、学習時間といったアクティブラーニングに関する研究も盛んに取り組まれるようになっている。このような背景から,本研究室のさらなる課題としてアクティブラーニングに関する研究を行っている。
  • 〔Research Subject1〕The College-going Rate is over 50%. The rise of a college-going rate also caused the diversification simultaneously. And various entrance examination systems, such as a national center test for university admissions , admission office were introduced. As a result, it has been a pressing subject to guarantee the quality of student's learning outcomes. Various definitions are carried out about the student's learning outcomes. We are studing from various angles about the method for guaranteeing the quality of student's learning outcomes.
  • 〔Research Subject2〕The increase in a college-going rate caused a decline of the selection function of a university entrance examination. The national center test for university admissions mainly estimated the academic ability of going candidate to a university until now. But according to the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, "The college admission candidate academic ability evaluation test" which aims at the introduction and employment from 2020, changing to capability required in order to receive future university education. In the time of aptitude evaluation of such a university entrance examination system, a spur starts the fall of the selection function of an entrance examination. Moreover, learning clear knowledge and skill in a university will be called for more. Exact employment of the accrediting system is called for as one of the methods for guaranteeing the quality of this student's learning outcomes. For this reason, in addition to the research on the relevance of student's learning time and a learning outcomes, the research on student's learning time also tackles briskly. There being little learning time in the outside of a class at the high school of the student who goes on to a university as another reason the research on a student's learning time is taken up as an important issue. For this reason, we are doing research on student's learning time as further subject.